FC2ブログ

【魅力とは?】仮面ライダー オーズ

後半の勢いにやられてしまい、一気に視聴してしまった。
ふと、仮面ライダーを視聴する意味みたいのをオーズの終わりが近づいている時に考えてみた。まず見ていて楽しい、元気になると思ったが、それだけではなく、1つ1つの話を見て、そのテーマを感じて、自分は今よりも少しでも前に進みたかったのかも知れない。そうして、これからどうやったら前に進めるのか、仮面ライダーを通して自分の前に、1歩でも成長したかったのかもしれないと今になって思った。

読者や、映画を見る時のきっかけも意外とそういったきっかけが私自身多かったが、仮面ライダーに関してはより、一層そう思ったのかもしれない。子供が見て、かっこいいと思うだけなく、少しでもその物語についてなにかを感じて、考えて成長するというのは子供向けの特撮ヒーローモノだからこそ必要なことだが、それだけではなく、大人になりかけの私にもどこか背中を押してくれるような作品だったと思う。

そんな今回、ずいぶんと背中を叩いてもらった仮面ライダーオーズの考察というよりも魅力を紹介したいと思う。


ooo.jpg


◇仮面ライダーオーズ 面白さの理由

・テーマ性と、2人の相棒の関係性
『欲望』がテーマとなっているオーズ。
仮面ライダーとして、子供になにかメッセージを残し、なお大人も楽しめるような作品にするには難しいのではないかと視聴前は感じたが、視聴後は逆に、欲望だからこそ伝えたい事があり、話も真っ直ぐの分かりやすい物になったのではないかと思った。

1番面白いと思ったのは、キャラクター構成。主人公と相棒の関係性だと思う。
人は欲望がなければ生きられない。
欲望こそ生きる活力。その欲望をなくした主人公が、自分の欲に気付いて、手を伸ばす。
見ていてそれはまるで生きる意味を失っていた者が、生きるきっかけを掴んだように感じた。

そして、正反対の主人公の相方(アンク)だが、敵(怪人)だが主人公と利害が一致し、欲だけのために主人公を利用して、目的を成し遂げようとしている。
このキャラクターは主人公とは真逆に欲しかない。主人公を裏切ったり、ひたすら欲望に忠実だ。
だが、最後に選んだ道は、自分の命と引き替えにしてでも満足のいく行動をすること。
それはまさしく欲まみれのアンクからは考えられない選択であったが、満足することの知らないキャラクターが満足したということは、これはつまり欲望しかなかったものが欲を満たしたと言う事。

また、アンクが欲しがっていた命というのは、それはつまり生きてそして最後に死ぬという事。
その欲は主人公との生活の中で満たしていたのだ。そして、最後の終わりを自分で選んだそれこそが生きた意味なのではないだろうか。
主人公との出会いによってアンクは欲を満たしたのだ。だからこそ、最後の選択も自分で選んだと思える。

結果的に、主人公は物語が終わりを迎えてようやく本当の意味で手を伸ばすことの意味を知り前に進めて、アンクも自分の欲が叶って満足して消えていく。
この交わることのない2人の欲が最後には互いに重なり合った部分を見ると、消えて終わりというのは悲しいように思えるが、どこか爽やかでこの2人ように前に欲を持って、前に進もうという気持ちになった。

長々と書いてしまったが、つまり主人公と相棒の関係性が非常に最後まで活かしていて、最初から最後まで長い碑石のように感じた部分に私はグッときてしまった。先日記事を書いた仮面ライダーWとはひと味違った相棒との物語となっていて、どちらも素晴らしい作品だと思う。


・子供にも分かるテーマなのか
欲望を満たすために、怪人を作りそれを倒すというのがこの作品の大きな流れだが、子供にも分かるテーマかと言われると、分かる部分もあれば、少し難解なのではと思う箇所もあった。

だが、悪い人を倒すために怪人を作る回など子供主観の回はとても良く、大人でも説明するのが難しい事を丁寧に描ききっていて、その部分ではとても子供に見せる作品としてもおすすめ出来るのではないかと思う。

また変身は動物をモチーフとしていて、その動物ごとの特性を活かしているので、この動物はこんな特徴があると言った小さな動物図鑑のような作品でもあり、そういった部分もおすすめ出来る。


◇仮面ライダーオーズを見て
この作品を見て、欲望とは『手を伸ばすこと』なのではないかと感じた。

思った事を思っただけではなく、しっかりと手を伸ばさないと掴めないという事をこの作品を通して強く感じた。
学生であったり、なにか夢を描いている人達にも見てもらいたい作品だと思う。
きっと、優しく背中を押してもらえると思う。

もちろん大人が見ても、子供が見てもとても楽しめる作品となっている。
仮面ライダーと思って、毛嫌いをせずに是非見て頂きたい作品だ。

スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

しんた

Author:しんた
しんたといいます。
シナリオライターやっていたり、電子書籍の連載やったりと色々経験値を積んでいます。
出来る限りのをことを経験したいと思っています。
現在、他の事を模索中。

趣味は日清カップヌードルの容器集め。
カップラーメンレビュー出来たらと思いますが、体が最近受け付けなくなってきました…がんばります。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
ツイッター
ツイッター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR